基準。

今までで一番多く食したミルクレープ、ドトール コーヒーのミルクレープ。
なんだかんだで好きなんです。

初めて食べたのが二十年ほど前、まだ田舎で学生やってた頃だったかな。
それ以来、ふらふぃ〜わふてくしてはとりあえずドトールで一息しつつ、上から一枚ずつ剥がして食べたもんですよ。品切れになってたら違うドトール探しに行ったりして、今にして思えばまあ…何ていうかねぇw
あ、今でもそうか。

ドトールのミルクレープ

ドトールのミルクレープ

このドトールのノーマル(?)なミルクレープ、今までそんなに多くのお店で味わった訳ではないとはいえ、何となく他と違うのが感触な気がするんです。
食感とかじゃなくて、感触。
先述の通り、自分は普段上から一枚ずつ剥がして食べてます。これマジオススメ。
で、殆どの人は切って食べると思うんですけど、ある時にそうして食べてみたんですね? そしたらフォークを通して手に「ぷぷぷぷぷぷ」って感触があるんです。

わかります?
「ぷぷぷぷぷぷ」って感触が!

いやこれがちょっと楽しいw 何ていうか楽しいw
まさか剥がして食べても切って食べても楽しいって、いやいやケーキが楽しいとかw
しかも美味しいんだもん。
「冷凍なんじゃないの?」って言われたこともあったっけ。ちぇ。

ドトールには悪いけど、有名なケーキ屋さんとか、味で選んだらもっと美味しいミルクレープもあるかもしれない。
でもドトールのこのミルクレープは、チェーン店だけあるのか一般受けする安定した美味しさ、お手頃な値段、持ち帰れるけど基本休憩がてらお店で一息、っていう魅力があるんだよね。
そんなこんなでミルクレープの中でも一番多く、もしかしたらケーキの中でも一番多いかもしれない頻度で食べてきたドトールのミルクレープは、自分にとってケーキの頂点、そしてミルクレープを選ぶ際の基準になる一品なわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA